「思い出に寄り添う家具」

ありふれた日常の記憶。目を閉じると思いだ出す風景があります。

家族で囲んだ食卓、お気に入りだった椅子、ぎっしり本が詰まった棚や落書きをした机。

色褪せない思い出の傍にはいつも家具があります。

お客様の大切な日々と共に何年、何十年と時を紡ぎ、人それぞれの歴史を刻み続ける家具。

木材という美しい天然の素材、職人達の美しい無骨な手、
そして洗練された美しいデザイン私たちは思い出の片隅にいつも寄り添う家具を作り続けます。

「機能美としてのデザイン」

M-CRAFTのモノ作りは、家具だけを考えたデザインではありません。

家具と共にある空間、人との一貫した流れを大切にしたデザインでありたいと考えています。
生活の道具としてずっと気持ちよく使っていただく中から初めて、「機能の美」というものが生まれるからです。

めざすのは「日本の家具」です。

日本”風”ではなく、また日本”的”でもない「日本の家具」。
それはただ外見がシンプルなだけの家具ではなく 簡素さと気配りという内から生まれる美しさを持つ家具です。
デザインに特別な意味を持たせるつもりはありません。
ただ、デザインから感じていただける思いを織り込んでいます。

私たちにとって、デザインは共感へのメッセージなのです。

デザインについて

「機能美としてのデザイン。」

私たちのモノ作りは、家具だけを考えたデザインではありません。

家具と共にある空間や人との一貫した流れを大切にしたデザインでありたいと考えています。
生活の道具としてずっと気持ちよく使っていただく中から初めて、「機能の美」というものが生まれるからです。

めざすのは「日本の家具」です。
日本”風”ではなく、また日本”的”でもない日本の家具。
それはただ外見がシンプルなだけの家具ではなく簡素さと気配りという内から生まれる美しさを持つ家具です。

デザインに特別な意味を持たせるつもりはありません。
ただ、デザインから感じていただける思いを織り込んでいます。

私たちにとって、デザインは共感へのメッセージなのです。

フォルム

マルケイの家具は直線を基調としたシンプルなラインが特長です。

引出し

スライドレールが底板裏にあるので外から見えません。また、レールを下側に設置したため、内寸が広がり収納力が上がっています。

木脚

木脚の一部製品には、高さを調整できるアジャスターが付いています。

material

M-CRAFTの選び抜かれた素材一枚一枚
杢を読み、見極める

素材について語るとき、”木味(きあじ)"という言葉を使います。

カナダのメープルにはカナダのメープルの木味。
北海道のナラには北海道のナラの木味。
人が環境によって気質が違うように、同じ木でも性格がまったく違います。

創業から97年の間に伝えられ、培われてきた確かな眼。
命ある木材をムダのなく製材し、人と環境にやさしい素材を使う。
そして、何十年も使いつづけられる木製家具を作ることが 木と環境へできる心遣いだと考えています。

ウォールナット

walnut

クルミ科 落葉広葉樹。北アメリカに生育。銃床や時計など精巧な器具材や、高級車の内装にも使われる高級材です。暗い褐色で磨き込むと特有の色とともに艶と光沢を増し、渋い色に変わり、落ち着いた威厳と優雅な雰囲気をかもし出します。

ホワイトアッシュ

white ash

モクレン科 落葉広葉樹。北アメリカに生育。色が白くきれいでとても木味がよい材です。木理は通直で簡単に曲げることができ、衝撃にも強いという特性を備えています。川沿いの低地で生育したアッシュは軽くて柔らかく、高地で生育したアッシュは成長が遅いため重く堅いという特徴があり、家具のほかにハンドルやバットにも使われています。

アルダー

alder

カバノキ科 広葉樹。太平洋の北西海岸やヨーロッパーに生育。 広葉樹にしては比較的柔らかい材で、加工性には優れる。特にロクロ加工に適す。 乾燥は速く、材の安定性は良好。しかし、保存性は低い。材面はブラックチェリーに似るが木肌が少し粗い。

オーク

oak

ブナ科 落葉広葉樹。北アメリカに生育。適度に堅く、強度・耐久性に優れ、収縮が小さく、液体を通し辛い性質をもつため、ウィスキーの樽にも使われています。ヨーロッパではオークは”キング・オブ・ザ・フォレスト(森の王様)”と呼ばれています。

ハードメープル

hard maple

カエデ科 落葉広葉樹。カナダ・アメリカ北東部に生育。緻密で狂いが少なく衝撃に強い材質です。棚物家具に使われたり、ボーリング場の床などに使用されています。材は時間がたつとメープル独特の美しい飴色に変化します。

ナラ

oak

ブナ科 落葉広葉樹。北海道から本州・四国・九州にかけて生育。柾目面の斑(ふ)と呼ばれる模様が入るのが特徴です。特に斑が大きく虎の毛のような斑点模様に見えるものを虎斑(とらふ)と言い、希少素材とされています。

ブラックチェリー

black cherry

バラ科 広葉樹。木質はやや軽軟で加工は容易。木肌は緻密で表面の仕上がりは美しい。心材は耐久性があるが、辺材は虫害に弱い。乾燥はかなり速いが、収縮率はやや高い。 材面に、樹脂痕による黒い斑点や筋状の模様が入るのが特徴で、これを「ガムポケット」と呼ぶ。

poulownia

ゴマノハグサ科 落葉樹。北海道南部から南の各地に生育。福島県の会津桐や岩手県の南部桐などが有名です。日本産の木材の中でも最も軽軟で湿気を通さず燃えにくいという特徴があります。その性質を活かして、昔から家具の材として使われているほかにも金庫の内箱や下駄浮子などいろいろな用途で使われています。

ウォールナット
クルミ科 落葉広葉樹。北アメリカに生育。銃床や時計など精巧な器具材や、高級車の内装にも使われる高級材です。暗い褐色で磨き込むと特有の色とともに艶と光沢を増し、渋い色に変わり、落ち着いた威厳と優雅な雰囲気をかもし出します。

ホワイトアッシュ
モクセイ科 落葉広葉樹。北アメリカに生育。色が白くきれいでとても木味がよい材です。木理は通直で簡単に曲げることができ、衝撃にも強いという特性を備えています。川沿いの低地で生育したアッシュは軽くて柔らかく、高地で生育したアッシュは成長が遅いため重く堅いという特徴があり、家具のほかにハンドルやバットにも使われています。

技術について

「必要なのは技術と心です。」

家具産地・府中として300年の歴史の中で、ゆっくりと伝えられ、培われてきた確かな技術。
そして伝統を継承しているマイスター(職人)としての誇りが、目に触れないような構造にも決して手を抜かないという強い思いを生んでいます。
大自然が作り上げた原木の美しさに人の手で強さと新しい美しさを加えていきたい。
“こだわり”という心です。

蟻組(ありぐみ)
木を指指を組んだように組み合わせる伝統的な技法です。組み合とわせる事で反りを止め合い、より強度が増します。

千切り留接ぎ(ちぎりとめつみ)
接合部の強度を高める工法です。木と木を繋げる際木の収縮により、つなぎ目に隙間が生じないようにするため鼓(つづみ)形の堅木の木片をうめ込みます。

摺込み(すりこみ)
手カンナ加工の1つです。引出しが緩くなく固くない、ちょうどよい具合で引き出せるように何度もカンナで引出しを薄く削り調整する加工です。職人の非常に高い技術が必要です。

木釘(きくぎ)
引出しの底などに使われる木製の釘です。引出しの底板と一緒に磨り減り、釘だけが飛び出すことがないので棚を傷めません。木との相性や多湿な日本の風土を考えた昔からの知恵です。

一瞬の判断。職人の目。
木を大まかに切った後、接ぎ合わせて板にするために4面に鉋をかけ、厚みと幅を揃えます。家具になった後、反りや歪みを最小限に抑えるように、木のもつ反りの方向を見極め削ります。ほんの一瞬で反りを判断する目。ここに熟練の職人の技術があります。

一枚一枚 板に向き合い個性を見極める。
木は水分を吸ったり吐いたりし、周りの湿度変化に対応しています。水分量の変化で木は収縮・膨張を繰り返すため、反りや割れが生じる可能性があります。反りや割れを最小限に抑えるため、木表・木裏を考慮し、杢目が美しく見えるよう熟考してから接ぎ合わせます。杢目の美しさ。これが家具の真髄です。

鉋削り。匠の技。
引出しが緩くなく固くない、ちょうど良い具合で引き出せるよう、面が合うように何度も鉋で引出しを薄く削り調整します。最終仕上げには、匠の技の象徴。職人の高い技術が必要な鉋加工が欠かせません。

塗装。表情の決定。
塗装はただ塗るだけではありません。幾種類もの塗料から思い通りの表情・艶になるものを選ぶことからはじまります。塗装ひとつで同じ家具でも全く違う雰囲気になるため、塗料の調合を行ないいくつもの色を比べ納得のいる色を決めるなど事前に多くの時間をかけます。ムラにならないように仕上げる塗りの技術も定評があります。

塗装について

マルケイの塗装

塗装には、人と環境に配慮した塗料を使用しています。
塗料には何種類かあり、それぞれ特長を生かしながら家具ごとに適した塗装方法を選び、仕上げています。

エコタイプウレタン塗装

光沢感がつづき、艶のある質感の出る塗装です。キズがつきにくくお手入れが簡単なのが特長で、一般の家具に広く使われています。ホルムアルデヒド放散等級が最高基準F☆☆☆☆を取得しており、からだや環境にもやさしい塗料です。

エコタイプオイル塗料
日々変化していく木の持つ表情を愉んでいただくため、木本来の質感をそのまま活かした仕上がりのオイル塗料を使用しております。ホルムアルデヒド放散等級が最高基準F☆☆☆☆を取得しており、からだや環境にもやさしい塗料です。

素材について

「素材、そして環境への配慮。」

素材について語るとき、”木味(きあじ)”という言葉をよく使います。
例えば、カナダのメープルにはカナダのメープルの木味。
北海道のナラには北海道のナラの木味。
人が環境によって気質が違うように、同じ木でも性格がまったく違います。

創業から100年間で伝えられ、培われてきた確かな眼。
この眼で選び抜かれた良木の持ち味を十分に活かすことこそが私たちの家具作りへの姿勢です。

シックハウス症候群への対策も行なっています。
原因のひとつである「ホルムアルデヒド」の低減のため、合板や塗料、接着剤などを厳選して使用しています。

命ある木材をムダのなく製材し、人と環境にやさしい素材を使う。
そして、何十年も使いつづけられる木製家具を作ることが木と環境へできる心遣いだと考えています。